menu
3×3 Lab Future とは?About 3×3 Lab Future

ビジネス交流の重要性


ICT技術の進歩や個人の価値観の変化に伴い、市場環境の変化のスピードが増す中、企業は持続的な成長のために、イノベーションを通じて継続的に付加価値を生み出し続けることが求められる時代となりました。
新たな付加価値を創出するためには、創造的な発想が必要不可欠であり、知と知が交わる質の高いビジネス交流が重要です。今、イノベーティブなビジネスワーカーが集まるサードプレイスが求められており、3×3 Lab Futureは、その役割を担っていきます。

3×3 Lab Futureのコンセプト


3×3 Lab Futureは、「大丸有サステイナブルビジョン」の実現に向け、より良いまちづくりや、社会課題の解決を目指す「エコッツェリア協会」が運営しています。3×3 Lab Futureは、サステナビリティの3要素「経済」「社会」「環境」がギアのごとく噛み合い、さらに自宅でも会社でもない第3の場所「サードプレイス」として業種業態の垣根を越えた交流・活動拠点として、次世代のサステイナブルな社会の実現に寄与する場所を意味しています。日本を牽引するオフィス街である大丸有地区には、多くの記憶や知識情報が集積し、日本の交通のハブとしてのインフラが存在します。これらの資源を活かしながら創造性の高いコミュニティを形成し、未来につなぐビジネスを創発していきます。

次世代のサステイナブルな社会の実現に寄与する場所

4つのキーワード

「自分ごと」の実現

一人ひとりの自発的な活動につながるよう、ワークショップや具体的なプロジェクトを実現

未来の社会を描く

地球規模でつながっている環境・社会課題へ正面から取り組む

人を育て、
事業を創り出す

新たなプロデューサーやイノベーターを生み出し、Try & Errorを重ねて新たな事業を創り出す

自宅でも会社でもない
「第3の場所」

「居心地のよい空間」を仕掛けることで、来訪者の新たな気づきや交流を生み出す

施設概要


3×3 Lab Futureは、3つの機能を基に、11のゾーンで成り立っています。
3つの機能とは、地域に開かれた環境関連オープンスクール・セミナー等の開催により、国内外の来街者・就業者間の交流・啓発に貢献する「交流・啓発機能」、次世代の環境技術・システムの情報収集、モデルオフィスでの展開を通じた効果検証などにより、新たな環境ビジネスの萌芽となる技術・情報・データなどを集積「ラボラトリー機能」、本施設および大丸有地区全体の最先端の取組を可視化・情報発信し、環境都市東京の先進性を世界に向けてアピールする「ショーケース機能」となります。

次世代のサステイナブルな社会の実現に寄与する場所

施設のご利用について

3×3 Lab Futureは、「サロン」「フューチャーカフェ」「CO2の部屋」「レセプションルーム」の4つの施設をご利用いただけます。くわしくは施設案内をご覧ください。 ※コミュニケーションゾーン(ワークショップキッチン)の利用については、別途お問い合せください。 3×3 Lab Future施設マップ

11のゾーン紹介

11のゾーン


area_1

1サロン貸出スペース

120名のセミナーが開催可能。サイザル麻100%の床は裸足で歩いても気持ちが良く、正面の縁側の下は収納スペースとなっています。岡山倉敷の竹集成材プロジェクトから生まれた机と椅子は、日本の伝統的な木工技術であるほぞ組でつくられています。

サロンで開催されているイベント・ワークショップの最新情報はエコッツェリア協会サイトをごらんください。

area_2

2フューチャーカフェ貸出スペース

セミクローズな会議室やサロンイベント時のサービスキッチンとしても利用出来る、次世代型ギャザリングスペース。

area_3

3CO2の部屋貸出スペース

ササクラ製のLED一体型放射パネル、割り箸の端材を寄せ集めた床、単一素材でリサイクル容易な椅子等、環境を意識した小会議室。

area_4

4レセプションルーム貸出スペース

安藤邦廣筑波大名誉教授の監修で板倉構法を再現。壁の絵は東京芸大の長友由紀さんの作品『ビッグバン』。

area_5

5光のガーデン

広葉樹と針葉樹を混合させた多様性の中庭。LED照明による採光と自動灌水のシステムを装備しています。

area_6

6ワークショップキッチン

料理を作る、食卓を囲む、イベントに利用する等、様々な用途に利用可能なキッチンと、間仕切って利用出来る打合せスペースで構成。

area_7

7コミュニケーションゾーン

様々なスタイルのギャザリングが行える120㎡のスペース。用途に応じてレイアウト変更可能な可動テーブルやソファ、インテリアとしてのたたずまいを持つ可動間仕切りが空間に変化を与えます。床は国産材の杉、建設現場の足場板を再利用しています。

area_8

8レセプションカウンター

通常の杉よりも香りの強い尾鷲香杉のキューブを99個使用し、香りが出やすいように断面を露出させる形状としています。

area_9

9すてきな廊下

「集」と「交」をつなぐ“すてき”な空間。細いフレームと杉材で構成された展示グリッドウォールが空間を演出し、複数の展示メディア機能を備えています。天井のライン照明は、パナソニック製の画像センサを活用。器具を個別制御し省エネを実現します。

area_10

10フォンブース(五感room)貸出スペース

ダイキン工業との協創施設。温度(湿度)・空気・光・音・香りをコーディネートし、未来の「はかどる」快適空間を探求します。

area_1

11次世代オフィス

輻射空調、個別冷暖房付デスク、ストレスチェッカー付チェア等、省エネ性と快適性を考える次世代オフィス実証の場。

すべてのゾーンを表示

その他

area_other_1

国産木材の扉

張り合わされた約20種類の木材の魅力を発見することが出来ます。

area_other_2

丸太のテーブル

樹齢と樹種の異なる木材の年輪をダイレクトに感じるテーブル。

area_other_3

多角形 水輻射パネル

トヨックス製の輻射パネルは進化を続け、天井のインテリアに。

area_other_4

ウォールガーデン

エコッツェリアから引き継いだ自動環水システム。水を循環させ土壌の浄化力を生かしています。

area_other_5

古材のカウンター

なんと船の廃材で出来ています。耐水性に優れています。

area_other_6

学生とのコラボレーション家具

桑沢デザイン研究所とのコラボ製作4点、杉の魅力を再発見します。

area_other_7

サロンガーデン

ガラススクリーンを全面開放し、サロンと一体でのイベントに対応可能。

area_other_8

丸の内朝大学テレビ

大丸有地区全体をキャンパスとして、平日朝から開講している市民大学のテレビスタジオ。

area_other_9

超節水型トイレ

TOTO製の快適性とecoを実現した超節水型トイレ。少ない水を効果的に使います。

area_other_10

栗のテーブル

長野県の栗の無垢板と地中で黒くなった神代クリを組み合わせた迫力の大テーブル。

area_other_11

旧丸ノ内八重洲ビルのリサイクル扉

昭和の時代に建てられた旧丸ノ内八重洲ビルから移設した扉。職人の手書き文字は必見。

area_other_12

CSVツリー

大丸有エリアのCSVに関わる取り組みを紹介するシンボル的存在。

area_other_13

触れる地球

生きた地球をリアルタイムに感じられるデジタル地球儀。竹村真一氏が企画・プロデュース。

area_other_14

クリエイティブ屋台

屋根の太陽光パネルで蓄電した電力は、災害時にも内部照明等に利用可能です。

area_other_15

「お濠の浄化」情報テーブル

当ビルで取組んでいるお濠の浄化について紹介するテーブルです。